【ゲストアカウントは何処へ?】Windows 10でローカルアカウントを新規作成する方法

Windows
挨拶
くろやぎ
くろやぎ

こんにちは!くろやぎ(kuroyagi_info)です。

Windowsアカウントを仕事とプライベートで使い分けたいと思ったことはありませんか?記憶が曖昧で申し訳ないのですが、Windows 7の時代には、特に複雑な手続きなしでアカウント設定からローカルアカウントを作成できました。ところが、Windows 10からは、Microsoftアカウントとの連携が強く推奨されています。しかし、いちいちMicrosoftアカウントを新規作成するのは正直めんどくさいです。以下のように、ローカルアカウントへの様々な需要があると思います。

  • ブログ説明用にテスト用のユーザーアカウントを作るときも、いちいちMicrosoftアカウントを作りたくない
  • クライアントへの説明用にプライベートとは別のアカウントが欲しい
  • 家族や友達に「ゲストアカウント」でPCを貸してあげたい

なので今回は、Windows 10でのローカルユーザーの追加方法を画像付きで解説していきます。

  • 対象読者
    • ガジェット系ブロガー
    • 仕事用とプライベート用のアカウントを分けたい
    • 家族や友達に気兼ねなくPCを貸したい
  • 実行環境
    • Windows 10

ローカルアカウントの追加方法

【スタート】→【設定】→【アカウント】

【家族とその他のユーザー】→【その他のユーザーをこのPCに追加】

【このユーザーのサインイン情報がありません】

【Microsoftアカウントを持たないユーザーを追加する】

ユーザー名やパスワードなどの各種項目の設定

以上の設定を終えると、無事にローカルアカウントが追加されていることが確認できます。

また、アカウントの種類の変更で、【管理者】権限にするか【標準ユーザー】権限にするか選択できます。

おわりに

これで、仕事とプライベートをきれいさっぱり切り分けることができました。この記事を参考にして、ぜひローカルのユーザーアカウントを追加してみてください。

83
タイトルとURLをコピーしました