OneNoteの機能を拡張するOnetasticアドインのインストール方法と使い方を徹底解説!

Windows
挨拶
くろやぎ
くろやぎ

こんにちは!くろやぎ(kuroyagi_info)です。

はじめに

今回はOneNoteの機能を拡張できる、Onetasticというアドインを紹介します。

対象読者

  • OneNoteをもっと快適に使いたい
  • Onetasticの使い方を知りたい

内容

  • Onetasticとは何か
  • Onetasticのダウンロードとインストール
  • Onetasticの設定
  • Onetasticの基本的な使い方

実行環境

  • Windows 10
  • OneNote 2016
  • Onetastic 3.13.1

Onetasticとは

Onetasticとは、OneNoteに拡張機能を追加するツールです。 さらに、拡張機能以外にも自分で作ったマクロを適用することができ、「OneNoteにこの機能があればなぁ…」というお悩みを解決してくれます。

Onetasticのダウンロードとインストール

下のリンクをクリックします。

Onetastic for OneNote

ページが表示されたら[Download]をクリックします。

自分のPC環境にあったインストーラをダウンロードします。

利用規約を確認して[Downlad]をクリックします。

インストーラのダウンロードが完了したら、exeファイルを実行してインストールします。

この時、OneNoteを起動した状態にしていると怒られてしまうので、終了してから[Retry]します。

インストール完了後、OneNoteを起動すると新しくホームタブにOnetasticの項目が追加されています。

Onetasticの設定

初期設定のままだと使いにくい場合があるので、私のおすすめ設定を一例ですが紹介します。

まず、[Macros]を別タブに表示する設定をします。 [Settings]→[Show in a Separate Tab]を選択します。

すると、MACROSタブが新たに追加されるので、マクロに関連する操作をしやすくなります。

Onetasticのマクロの使い方

試しに、マクロを使ってみましょう。 今回は[Word Count]と[Search & Replace]を追加して使ってみたいと思います。

Word Count

[Macros]タブの[Other]から[Word Count]を選択します。

すると、現在開いているページに含まれる文字数の情報が表示されます。

Search & Replace

[Macros]タブの[Other]から[Search & Replace]を選択します。

[Scope]で検索範囲を指定します。

今回はページ内の「マクロ」を「まくろ」に一括置換します。 [Find what]に検索する文字列、[Replace with]に置換する文字列を入力して[OK]をクリックします。

すると、ページ内のすべての「マクロ」が「まくろ」に置換されました。

おわりに

今回はOneNoteのアドインOnetasticを紹介しました。 OneNote単体でも十分便利ですが、アドインを使うことでよりノートの効率が上がるのではないでしょうか。ぜひ、お試しください。

5722
タイトルとURLをコピーしました