【みんなのPython】私がPython独学時に使用した本

Python
挨拶
くろやぎ
くろやぎ

こんにちは!くろやぎ(kuroyagi_info)です。

はじめに

今回は、私がPythonの入門書として使った本であるみんなのPython 第4版を紹介します。

created by Rinker
¥2,970 (2024/02/27 12:08:48時点 Amazon調べ-詳細)

対象読者

  • これからPythonの勉強を始めたい
  • どの参考書を読めばいいか悩んでいる
  • Pythonの基礎を体系的に学びたい

『みんなのPython第4版』

『みんなのPython第4版』(柴田淳・著)は、Pythonの入門書です。筆者の柴田さんは、「Pythonを愛し、インデントを慈しむ方がより一層増えることを願って」この本を執筆されたそうです。

この本の内容を簡単に理解するために、以下に目次を列挙します。Pythonの基礎から始まり、オブジェクト指向、例外処理、ライブラリなどについて理解を深めることができます。

  • Chapter01 プログラミング言語Python
  • Chapter02 Pythonでプログラミングをはじめよう
  • Chapter03 Pythonの基礎をマスターする
  • Chapter04 組み込み型を使いこなす
  • Chapter05 Pythonと関数型プログラミング
  • Chapter06 クラスとオブジェクト指向開発
  • Chapter07 クラスの継承と高度なオブジェクト指向機能
  • Chapter08 モジュール
  • Chapter09 スコープとオブジェクト
  • Chapter10 例外処理
  • Chapter11 標準ライブラリを使う
  • Chapter12 Pythonとデータサイエンス
  • Chapter13 Python2
created by Rinker
¥2,970 (2024/02/27 12:08:48時点 Amazon調べ-詳細)

みんなのPythonの良いところ

実際にみんなのPythonを読んでみて感じた良いところは以下の通りです。

  • Python3に対応している
    • 今後主流になるのはPython3であるため、Python2で書かれた本をあえて選ぶ理由はあまりありません
    • もちろん、みんなのPythonにはPython2の説明が含まれています
  • オライリーのような翻訳本ではないため、理解し辛い日本語が少なく、簡潔で読みやすい
  • かなり初歩的なところから丁寧に書かれていて、Pythonを初めて使う人にとっては持って来い
  • 初心者向きではあるものの、網羅性があり、基礎習得後のリファレンスにもなる

まとめ

私はPythonの入門書としてみんなのPythonを選びました。この一冊でPythonの基本事項はほとんど習得できたと思っています。 文章が読みやすく、サンプルコードも読者を飽きさせないように工夫されていて、プログラミングの難しそうなイメージを感じることなく読み終えられました。これからPythonの勉強を始めたいと考えている方にとっておすすめの一冊です。

created by Rinker
¥2,970 (2024/02/27 12:08:48時点 Amazon調べ-詳細)

82
タイトルとURLをコピーしました