【ヤギでもわかるPython入門】コマンドライン引数

Python
挨拶
くろやぎ
くろやぎ

こんにちは!くろやぎ(kuroyagi_info)です。

この記事は約 1 分で読めます。

この記事では、Pythonのコマンドライン引数について解説します。

Pythonにおけるコマンドライン引数とは

コマンドライン引数とは、プログラムを実行する際にプログラムに渡す引数のことです。Pythonでは、スクリプト実行時に引数を渡す事ができます。

Pythonでコマンドライン引数の取得

次のサンプルコードをtemp_argv.pyというファイル名で保存します。

import sys

args = sys.argv
print(args)
print('第1引数:' + args[1])
print('第2引数:' + args[2])
print('第3引数:' + args[3])

これを次のコマンドで実行してみましょう。

python temp_argv.py kuro yagi kun

3行目のsys.argvに、コマンドライン引数が格納されています。リストで値が返され、最初の要素にはスクリプトファイルのパスが格納されているので注意しましょう。

コメント

0000
タイトルとURLをコピーしました